株式

株式(34)信用取引のコストを1つづつ解説

更新日:

サイトマップ(目次)

前ページ     株式(33)信用取引の魅力はレバレッジと売建てと税金対策

次ページ     株式(35)制度信用と一般信用の主な違いと各種規制

信用取引をしない方が良い理由 様々なコスト

レバレッジを掛ける事も空売りをする事も、リスクは有りますがメリットもあります。

しかし、信用取引のコストにはメリットはありません。

そして、意外に高いので注意して下さい。

信用取引のコストには、売買手数料、金利、貸株料、品貸料(逆日歩)、管理費、配当落ち調整金、名義書換料(権利処理手数料)などがあります。

そして、売買手数料以外のコストは、現物株取引では掛かりません。

 

売買手数料   例えば100万円に対して0円~数百円程度

証券会社、約定金額などによってまちまち。ネット証券は、おおよその目安として、約定代金100万円に対して、0円~数百円程度。株式のコストの内、1番注目されているコストなのですが、0円という証券会社が目立ちます。一体どこで稼いでいるんでしょうね。

 

買方金利と売方金利   建て金額に対して年率2%~4%程度

ここで稼いでいます。

信用取引の買建ては、「証券会社に担保を預けてお金を借り、借りたお金で株式を買っている」ので金利を払います。これを信用買方金利といいます。計算方法が両端入れなので日計りでも発生します。

制度信用と一般信用では、金利が違い、多くの場合は、一般信用の方が高めに設定されています。

証券会社によって違いますが、年率で建て金額の概ね2%前後~4%弱に設定されています。

売建ては、「株券を借りて売建て、売却代金は証券会社に預けてある」ので金利は貰えます。これを信用売方金利といいます。本来は貰えるのですが、今は、金利0%なので貰えません。

貸株料の事を売方金利と表現しているサイトも多いので、文脈で判断して下さい。正しくは別物です。

 

貸株料(かしかぶりょう)   建て金額に対して年率1%~3%程度

信用取引の売建ては、「証券会社に株券を借りて売建てる」ため株券の借り賃を払います。これを貸株料といいます。計算方法が両端入れなので日計りでも発生します。

証券会社によって違いますが、年率で建て金額の概ね1%前後~3%弱に設定されています。貸株料も、一般信用取引の方が高めに設定されています。

 

品貸料(逆日歩)(制度信用取引のみ)   日々1株に数銭~数円

品貸料(逆日歩)は、信用取引の特に注意しなければいけないリスクの1つです。

一般信用取引には発生しないため、逆日歩が発生しそうな銘柄を売建てる時は、利用出来るのならば一般信用取引を利用した方が良いと思います。ただし、そもそも品貸料が発生するという事は、「空売りは控えろ」という証券金融会社からのお達しでもあります。

信用取引の売建ては、株券を借りて売建てるのですが、売建ての株数が増え過ぎると、証券金融会社は、生命保険会社などから株券を有料(日歩)で借りてきて調達します。買建てている株も調達先に当たるため、品貸料は売建てている人が払い、買建てている人は貰えます。

品貸料は株数に応じて、日割りで発生します。通常は、1株5銭とか10銭などですが、極端に足りなくなると1円とか5円などの金額になる事もあります。

10,000株売建てていて、逆日歩が1円発生すると、株価に関係なく逆日歩10,000円の支払いです。10日発生したら合計100,000円の支払いです。

逆日歩の怖い所は、逆日歩が発生する前に売建てていたとしても、その後売建てが増え逆日歩が発生すると、後から売建てた人と同様に取られます。

例えば、倒産しそうな銘柄は、往々にして株価は安いものです。たかをくくって空売りすると、逆日歩が発生し、積もり積もった逆日歩が売建てた株価を上回ってしまい、倒産しても損する事もあります。

 

管理費   建玉毎に1カ月毎110円~1100円

建て日から1カ月経過する毎に発生します。建玉毎に110円~最大1100円程度掛かります。証券会社によって若干違いがあります。

 

配当落ち調整金   配当金相当額を買建ては貰い売建ては支払う

権利付き最終日から権利(配当)落ち日に架けて建てていると、配当金相当額を買建ては受け取り、売建ては支払います。

配当金は、権利確定日から何週間か遅れて支払われます。信用取引の配当落ち調整金も同様です。請求が来るのが建玉を決済した後という事もあるので、売建ての場合は、注意が必要です。

制度信用取引は、買建ても売建ても税引き後の配当額なのですが、一般信用取引は、買建ては税引き後、売建ては税引き前の額になります。

 

名義書換料(権利処理手数料)   建玉毎に1売買単位当り55円程度

権利付き最終日から権利(配当)落ち日に架けて買建てていると、建玉毎に1売買単位当り55円程度掛かります。証券会社によって若干違いがあります。

 

まとめ   特に気になるのは買方金利と貸株料

信用買方金利と貸株料は、建てている間ずっと掛かります。それも益金とかにではなく、建て金額に対してです。

一年間、平均1000万円建てていて、金利3%とすると30万円掛かります。儲かっていても損していても、関係なしに掛かります。買建て600万円、売建て400万円のような建て方をして、長めの期間保有していると特に身に染みます。この低金利の時代になかなかの暴利だと思います。建てっぱなしには、くれぐれも注意しましょう。

このコストを考えると、信用取引は長くても数週間位迄の波動を小まめに狙うもので、長期投資には向かないのだなと、つくづく感じてしまいます。

 

次回は、制度信用取引と一般信用取引の違いと、信用取引の各種規制についてです。

次ページ     株式(35)制度信用と一般信用の主な違いと各種規制

前ページ     株式(33)信用取引の魅力はレバレッジと売建てと税金対策

 

投資信託の個人ブログは

投資信託ランキング

投資(お金)の個人ブログは
にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へ
にほんブログ村

 

-株式

Copyright© ちぇりぶろ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.