年金と積立て

年金と積立て

積立て(8)つみたてNISAよりもiDeCoが良いと思う

2021/11/4  

つみたてNISAもiDeCoも、税制面で大きな優遇のある制度です。余裕があるのならば両方やっておくのがベターです。どちらかというのならば、資産を非課税のまま切り替えられ、所得控除という優遇税制を持つiDeCoの方が良いように思います。

年金と積立て

積立て(7)一般NISAの変更点とつみたてNISAとの比較

2021/11/4  

2020年の税制改正で、2024年からNISA制度が改正される事になりました。今回の変更点は、投資開始出来る期間以外は、ほぼ一般NISAの変更点です。大きな変更点は、非課税投資枠、投資対象商品、投資開始出来る期間などです。

年金と積立て

積立て(1)公的年金と私的年金のややこしい名称の整理

2021/11/4  

公的年金の、国民年金(老齢基礎年金)と(老齢)厚生年金。確定給付年金の、国民年金基金と厚生年金基金と確定給付企業年金(DB)。確定拠出年金の、企業型確定拠出年金(DC)と個人型確定拠出年金(iDeCo)の違いの説明をします。

年金と積立て

積立て(2)2つの公的年金の加入義務・拠出金額・給付金額

2021/11/4  

国民年金と厚生年金の双方に共通する事は、賦課(ふか)方式という事と対象者は強制加入という事です。また、双方共に、老齢年金の他に遺族年金と障害年金があります。

年金と積立て

積立て(3)確定給付年金3つの加入資格・拠出金額

2021/11/4  

確定給付年金は3種類あります。個人型の国民年金基金、企業型の厚生年金基金と確定給付企業年金(DB)です。個人型には、予定利率の不公平感が、企業型には企業の追加拠出というリスクがあり、普及の妨げになっています。

年金と積立て

積立て(4)確定拠出年金2つの加入資格・拠出金額

2021/11/4  

企業型確定拠出年金(DC)は、第2号被保険者のうち制度を導入している企業に勤めている会社員だけが加入出来ます。個人型確定拠出年金(iDeCo)の加入資格者は、細かな要件はあるものの第1号~第3号被保険者すべてに跨がっています。

年金と積立て

積立て(5)積立てはホントに大切。最もポピュラーなお金の貯め方。

2021/11/4  

積立ての目的は、「増やす」というよりも「貯める」という事に重きがあります。その上で、少しでも有利に積立てたいという事で、積立て投資となる訳です。まとまった資金を作るための、最も堅実でポピュラーな方法が積立てです。

年金と積立て

積立て(6)iDeCoをお勧めするページ

2021/11/4  

iDeCoは、何となくでは理解しずらい程度には複雑です。運用まで理解してから始めようとしたら、多分始められません。iDeCoは、始めた後の柔軟性が非常に高い商品です。まず始めてみましょう。最低金額は、5,000円から概ね1,000円単位です。

Copyright© ちぇりぶろ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.