株式

株式(4)ファンダメンタルズ分析 マクロと業種別の投資環境

更新日:

サイトマップ(目次)

前ページ      株式(3)最初からやるべき上達のコツ

次ページ     株式(5)ファンダメンタルズ分析(2)割安株(バリュー株)

前回は投資 上達のコツでした。今回はマクロの投資環境のファンダメンタルズ分析で、次回は、個別銘柄のファンダメンタルズ分析 割安株(バリュー株)、次々回は、成長株(グロース株)です。

ファンダメンタルズ分析  ここで恥を掻く!

一番間違ってはいけない事は、「ファンダメンタル」ではありません。「ファンダメンタルがつきます。会話にこの言葉を使う時は、ちょっとおしゃれなことを言っていると思いますので、恥を掻かないようにしましょう(笑) 。因みに単数形と複数形の違いでもありません。知ったかぶるとここで恥を掻きます(多分バレないけど)。形容詞(ファンダメンタル)と名詞(ファンダメンタルズ)の違いです。

マクロの投資環境のファンダメンタルズ分析

マクロの投資環境でのファンダメンタルズ分析は、国の経済成長率、物価上昇率、失業率、金利動向、財政収支や経常収支などを、経済指標の発表や要人の発言などから分析します。ほぼ全ての各種経済指標は国の現状を現しており、それを受けての経済政策の目的は、ほぼ全て「景気のコントロールをするため」と考えればシンプルです。

指標の発表は内容はもちろん、ちょっとした文言の違いで解釈が変わってくるため、各証券会社や研究機関などが出しているレポートを読むのが近道かと思います。自分で元データの数字の羅列を見て、「フムフム」と思える方は別です。ただ、相場がピークを迎える時、そろそろピークが近いだろうというレポートはあまり見たことがありません。また、相場がボトムに向かっている時は、だいぶ早い段階からもうボトムだろうとか、こうなったらボトムだろう、という気の早いレポートが増えて来ます。この辺りの時期は、自分なりに分析しなければなりません。

経済レポートは、重要な経済指標の発表や、要人の発言の度に出ます。重要度が高いと事前予想もありますし、色々なコメントがほうぼうから出ているので、いろいろ見ているうちに、自分なりの考えが出来てくると思います。

個人投資家の多くの方は、直近2週間~1ヵ月位の首相や米大統領の予定、イベントや経済発表などのカレンダーを新聞やネットでチェックしているようです。

一番重要なのが米国雇用統計です。理由は、アメリカが世界一のお客様であり、米国雇用統計の結果を受けて、米国の経済政策や金融政策、その他諸々の景気対策が動きだすからです。ここだけは、おさえておきましょう。毎月第一金曜日です。

定期的に発表される重要な経済指標の予定を表にしました。

毎月定期的に発表される指標(★の数は主観が入っており、また、★★★以下は、その時々の注目度によって大きく違います)

発表機関 重要度(主観です) 毎月 時間
ISM製造業景況指数 米供給管理協会 米国 ★★★★ 第一営業日 夏23:00 他00:00
米国雇用統計 米労働省労働統計局 米国 ★★★★★ 第一金曜日 夏21:30 他22:30
小売売上高 米商務省 米国 ★★★★ 第二週 22:30
機械受注 内閣府 日本 ★★★ 中旬 08:50
鉱工業生産指数 FRB 米国 ★★★ 14~17日 23:15
消費者物価指数 米労働省労働統計局 米国 ★★★★ 15日前後 22:30
鉱工業生産指数 経済産業省 日本 ★★★ 下旬 08:50
消費者物価指数 総務省 日本 ★★★ 26日を含む週の金曜日 08:50

四半期ごとなどの発表の指標(★の数は主観が入ってます。)

発表機関 重要度(主観です) 四半期 時間
FOMC政策金利決定会合 FRB 米国 ★★★★ 6週間毎の火曜日 04:15
日銀短観 日本銀行 日本 ★★★★ 4月7月10月初旬・12月中旬 08:50
GDP 米商務省経済分析局 米国 ★★★★ 1月4月7月10月の21~30日 10:30
GDP 内閣府 日本 ★★★★ 四半期 08:50

日本の指標は、ほとんど08:50に発表されると覚えておいて下さい。

業種・業界・産業・テーマ別などのファンダメンタルズ分析

業界動向、業種別レポート、産業レポートやテーマ別のレポートなど様々なレポートが各証券会社や研究機関から出ています。業種やテーマに沿って銘柄がずらっと紹介されていますので、銘柄を探すのはここが一番良いと思います。また、話題が欲しい人、どや顔をしたい人もここを読んで下さい。株以外の話題にも使えますし、ここを読んでいると、まわりから「詳しいですね」と言われてしまうかも知れません。一番バランス良く勉強出来る所かと思います。これから株式投資を始める人は、まず、この業種別、テーマ別などのレポートを読み漁る事をお勧めします。本当に片っ端から読み漁って良いです。すぐに効果が出ると思います♪

ファンダメンタルズの記事の読み方のコツ

冒頭でも書きましたが、経済指標は国の現状であり、経済政策はそれを受けての景気対策と言って良いです。では、景気対策って?   如何にして物やサービスを売るかという事です。そして、お金があって買う立場なら、如何に良い条件で買うかという事です。アメリカや中国の経済指標や政策がなぜ大切かというと、世界中から物を買ってくれるお客様だからです。個別企業でもアップルやトヨタ自動車などの大企業の決算が、なぜ大きな影響があるのかというと、沢山の製品を作って売っているからというよりも、それを作るために非常に多くの企業から物やサービスを買っているからです。ファンダメンタルズ分析の記事を読む時には、「誰が買うの?」「誰が売るの?」「お金の流れは?」という事を頭の片隅(ど真ん中でもいいです)に置いて読むと、効果や銘柄が割とスムーズに浮かんで来ます。

次回は、個別銘柄のファンダメンタルズ分析 割安株(バリュー株)です。

次ページ      株式(5)ファンダメンタルズ分析(2)割安株(バリュー株)

前ページ      株式(3)最初からやるべき上達のコツ

-株式

Copyright© ちぇりぶろ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.