投資信託

投資信託

投信(1)投資信託とは?特徴と種類と目論見書の見方をざっくりと

2020/11/5  

あまり細かな例外とかに捕らわれず、ざっくりと投資信託という商品について説明します。それぞれの投資信託にはテーマがあり、そのテーマに沿った投資対象に分散投資します。投資対象や運用方針に依って、投資信託は全くの別物になります。

投資信託

投信(2)投資信託の5つの魅力とメリット

2020/9/15  

投資信託の魅力やメリットは、大きなもので5つあります。1. 詐欺の心配をしなくて良い 2. 様々な対象商品やテーマ 3. 良い運用はずっと続く? 4. 分散投資 自分ですると大変 5. 少額投資は結構重要です。

投資信託

投信(3)投資信託のリスクとコスト 長期保有するべき?

2020/9/19  

何事でも、期間が長くなればなるほど不確実性(リスク)は増します。投資だけ、期間が長くなればなるほど安全性が増すなどという事はありません。「長期保有する事でリスクが減る」ではなく、「長期保有出来る資金ならば、リスクを回避しやすくなる」です。

投資信託

投信(4)投資信託のデメリットと対処方法

2020/9/29  

投資信託は、リスク管理の代償に、個別銘柄投資よりも多くの小さなコストやデメリットが加わります。また、投資信託が儲からない理由の中には、実は投資家の責任ではないかと思える事もあり、改善出来るのではないかと思います。

投資信託

投信(5)投資信託の購入までの流れと注意点

2020/10/13  

投資信託は、銀行、証券、ゆうちょ銀行、保険会社、信用金庫や農協など、幅広い金融機関で取り扱っています。購入する時には、取引のある金融機関の投資信託の中から、良さそうなものを探し売買する事が多くなります。

投資信託

投信(6)投資信託の種類と特徴の一覧 ダイジェスト

2021/3/7  

投資信託には様々な種類があり、組み入れられている資産や運用方法によって、特徴が大きく違って来ます。一覧にしてみました。

投資信託

投信(7)パッシブ(インデックス)型投信は仕組みも成果も解りやすい

2020/10/25  

パッシブ型投信は、1番シンプルな投資信託です。「指数に連動して動く」以外の事は何もしません。パッシブ型投信の特徴は?どんな人に向く?使い方は?・・・

投資信託

投信(8)アクティブ型投信は玉石混淆で 石多め!

2020/10/31  

アクティブ型投信に期待して良い事は何か?アクティブ型投信の特徴・向く人・選び方・使い方など。

投資信託

投信(9)絶対収益追求型投信の仕組みと欠点

2020/11/5  

絶対収益追求型投信は、簡単に言うと、ファンドマネージャー(専門家)の選んだ銘柄群と、日経平均株価の差額を取るやり方です。相場観によって、上げ相場では買い、下げ相場では空売りというような明瞭な仕組みではありません。

投資信託

投信(10)ブルベア型投信の欠点と使い方、ライバル商品は?

2020/11/10  

ブルベア型投信は、使い勝手の良さそうな印象とは裏腹に、使い方がかなり限られる商品です。ブルベア型投信の仕組みや、ライバル商品、使い方についての説明です。

投資信託

投信(11)資産複合(バランス)型投信のメリットはリバランス!

2020/11/17  

資産構成を決めて投資する事は、何も投資信託を使わなくても自分で出来ます。自由がきく分、その方が良いのかも知れません。しかし、投資信託は、個人では色々面倒だったり、難しかったりするリバランスをしてくれます。

投資信託

投信(12)単位(スポット)型投信はお役後免?

2020/11/21  

新規設定時の募集期間中にのみ購入出来、運用期間中に追加募集されない投資信託で、旬なテーマでスポット的に設定される投資信託をスポット型投信といいます。しかし最近は、殆ど設定されていないようです。

投資信託

投信(13)国内株式投信の長所短所・株式との比較

2020/11/26  

国内株式投信の組み合わせは多岐に渡ります。これは、「たくさんから選べてよかったね♪」と喜んでばかりもいられない話で、欲しい投資信託を検索するのが非常に難しくなってしまっています。

投資信託

投信(14)海外株式投信の選び方 米国・中国の組入れ比率に注意

2020/12/6  

国名は誰でも知っているのに、詳しい事は何も知らない国って多いですよね。そういう個別銘柄の情報収集の難しそうな国の取引こそ、投資信託の「専門家が運用します」というメリットが活きてきます。

投資信託

投信(15)外国債券型投信 魅力的だが低金利で難しい時代

2021/1/1  

債券は投資信託と相性が良く、債券型投信は魅力的な商品です。しかし、今、先進国の金利は最低水準で、金利上昇局面に弱い債券ファンドは、選ぶのが難しい時代でもあると思います。

Copyright© ちぇりぶろ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.